忍者ブログ
 ≫ ブログ内検索
 ≫ 制作者プロフィール
HN:
Man-B
年齢:
64
HP:
性別:
男性
誕生日:
1956/03/24
職業:
「トライアルワークス小坂」店主
趣味:
散歩、盗撮(!?)
自己紹介:
18歳からトライアルを始め、いったんは国際A級に昇格するもクラス分け再編のため、新設された国際B級に降格。
以後A級再昇格を目指し奮闘するが、いつもあと一歩で昇格を逃し『万年B級』の称号(?)を授かる。

42歳からモトクロスにチャレンジを開始しすぐに国内A級に昇格、国際B級を目指すものの二度の大腿骨骨折など身体ボロボロになり「このまま続けるとヤバい」と実感し2005年にMXライダーは引退。

現在は世界選手権トライアルや全日本トライアルでセクション設営(土方)及びオフィシャルを務め、モータースポーツの発展に尽力中である。

また、新潟県中越地震の際に「災害ボランティアバイクネットワーク埼玉」バイク隊副隊長として震災後の新潟県小千谷市に出動、現地で実際にボランティア活動を行なってきたりもしている。

1984年に開業した「トライアルワークス小坂」のCEO兼溶接工兼修理工兼ウェブマスター兼‥‥‥要するに雑用係だったりもする。さえない独身中年と思われがちだが、実はもう社会人の娘が二人いたりして、さらには“孫”なんかもいちゃったりして‥‥‥。
(↑自己紹介、長すぎ!!)

-このBLOG以外にも以下の読み物を書いています-

≫Man-B's History

≫Man-Bの入院日記

≫Man-Bのツートラ初体験記

≫歴代トランスポーター


≫続・歴代トランスポーター


≫未承諾写真館

≫ニーブレース講座

‥‥‥etc.


40歳の時のライディングはこちら↓



モトクロスは国内A級で優勝する腕前↓



動画はこちら≫TWK動画館


災害ボランティアバイクネットワーク関東

災害ボランティアバイクネットワーク関東・埼玉支部バイク隊副隊長を務めています。

≫加須市合同防災訓練参加レポート

≫新潟中越地震・ボランティア活動報告

≫新潟中越・あれから一年
現在このブログはトライアルワークス小坂の商品インプレッションのためだけに存在しております。 リンクされたページ以外の過去の記事を読まれることは想定しておりません。ご了承ください。
2020/07∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ Tweets
 ≫ QRコード(携帯版URL)
URLは同じでも携帯からアクセスすると自動的にモバイル版に接続されます。
 ≫ RSS
先日の真壁トライアルランドでは、いろいろな商品の試用インプレッションを書くことが目的の一つだったのだけど、まずはこの商品から。



最近話題の「SKF フォークシールキット」です。



「SKF」って、ヨーロッパのベアリングメーカーだってことは知っていたけど、そのSKFからトライアル車用のフォークシールキットが3種類発売され、最近ではGASGASに標準装着されたりもしている。

TWKでも少し前から取り扱いを始めていて、何度かお客様の車両への組み込み作業も行なっているが、明らかにフリクション(摩擦抵抗)が少ないことが組み込んでいる時点でわかった。

このSKFフォークシールKITのラインアップは「PAIOLI38mm用」 「SHOWA39mm用」 「MARZOCCHI40mm用」の3種類。
一般論としてインナーチューブ径が大きくなるほどシールのフリクションも大きくなり(接触する部分の長さが長くなるため)、特に「初期作動」が悪くなる傾向がある。

ところが、「MARZOCCHI40mm用SKFフォークシールKIT」を組み込んだ後にインナーチューブを引き上げて手を離すと、なんと!インナーチューブがその自重で「スーッ」と沈んでいくではないですか!!

40mm径のフォークでこのフリクションの少なさは驚異的なので、これはぜひ自分の'96テクノにも取り付けてみなくては―――と思ったのですが、実はこの'96テクノのフォークがくせ者で、PAIOLIの正立38mmが最初に装着されたのがこの'96テクノなんだけど、この一年後に各社のトライアルモデル広く使用されるようになったPAIOLI38mmフォークとはシールの寸法(厚さ)が異なるため、SKFのPAIOLI38mmKITがそのままでは使えないんですねぇ(ーー;)。

そこで、TWKでは'96テクノに装着するための専用スペーサーを製作し、これをセットにした「'96テクノ用SKFフォークシールKIT」の販売を開始しました。

‥‥‥って言っても、今どき'96テクノに乗ってる人なんて何人いるかたかが知れてるし、はっきり言って自分のためだけに作ったような商品です、ハイ(笑)。

で、このシールキットで走った感想ですが、もうまるで別のバイクのようにフロントフォークがスムーズに動いてくれるので、ついつい調子に乗って「今風」の走りをしようとして無理しちゃったもんだから、翌日にモーレツな筋肉痛に襲われてしまったという次第です(>_<)。

―――というわけですが、SKFフォークシールKITは現在発売されているほとんどのトライアル車に使用できるラインアップが揃っていますので、このインプレは'96テクノだけの話ではなく、皆さんに参考にしていただけると思います。

PR
忍者ブログ ∥ [PR]