忍者ブログ
 ≫ ブログ内検索
 ≫ 制作者プロフィール
HN:
Man-B
年齢:
62
HP:
性別:
男性
誕生日:
1956/03/24
職業:
「トライアルワークス小坂」店主
趣味:
散歩、盗撮(!?)
自己紹介:
18歳からトライアルを始め、いったんは国際A級に昇格するもクラス分け再編のため、新設された国際B級に降格。
以後A級再昇格を目指し奮闘するが、いつもあと一歩で昇格を逃し『万年B級』の称号(?)を授かる。

42歳からモトクロスにチャレンジを開始しすぐに国内A級に昇格、国際B級を目指すものの二度の大腿骨骨折など身体ボロボロになり「このまま続けるとヤバい」と実感し2005年にMXライダーは引退。

現在は世界選手権トライアルや全日本トライアルでセクション設営(土方)及びオフィシャルを務め、モータースポーツの発展に尽力中である。

また、新潟県中越地震の際に「災害ボランティアバイクネットワーク埼玉」バイク隊副隊長として震災後の新潟県小千谷市に出動、現地で実際にボランティア活動を行なってきたりもしている。

1984年に開業した「トライアルワークス小坂」のCEO兼溶接工兼修理工兼ウェブマスター兼‥‥‥要するに雑用係だったりもする。さえない独身中年と思われがちだが、実はもう社会人の娘が二人いたりして、さらには“孫”なんかもいちゃったりして‥‥‥。
(↑自己紹介、長すぎ!!)

-このBLOG以外にも以下の読み物を書いています-

≫Man-B's History

≫Man-Bの入院日記

≫Man-Bのツートラ初体験記

≫歴代トランスポーター


≫続・歴代トランスポーター


≫未承諾写真館

≫ニーブレース講座

‥‥‥etc.


40歳の時のライディングはこちら↓



モトクロスは国内A級で優勝する腕前↓



動画はこちら≫TWK動画館


災害ボランティアバイクネットワーク関東

災害ボランティアバイクネットワーク関東・埼玉支部バイク隊副隊長を務めています。

≫加須市合同防災訓練参加レポート

≫新潟中越地震・ボランティア活動報告

≫新潟中越・あれから一年
2018/12∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

きょうは「防災の日」。「八都県市合同防災訓練」に、災害ボランティアバイクネットワーク関東・埼玉支部の隊員として参加してきました。

今年の埼玉県会場は、TWKから車で15分くらいの距離にある八潮市立大原(だいばら)中学校。朝7時に集合ということなので、6時前に起きて6時40分頃、TLR200に乗ってTWKを出発した。そう、昨日のTLR200はこれに間に合わせるために急遽仕上げた物だったのです。

会場への道順は、昨日でき上がったばかりのそのTLR200で試運転を兼ねて下見を済ませているので心配はない。
それよりも心配なのは本日の天気。朝、天気予報で映された雨雲のレーダー画像を見た感じでは、朝から降ってきそうな雰囲気プンプンだったのだ。

訓練会場に着いて、まずは災害ボランティアバイク隊の参加者の皆さんと顔合わせ&打ち合わせ。今回の参加隊員は約10名だったが、みなさん私より年上のお年寄り(失礼)ばかり。話を聞くと、昔からこの付近でバイク屋をやってるオヤジさんばかりでした。

打ち合わせ終了後、みんなで会場を出て「待機場所」になっている中川河川敷の「八潮フラワーパーク」に移動する。
この場所は、昨日のブログに載せた写真を撮った場所なのだが、やはり訓練に参加する自衛隊や消防署の皆さんもすでに集まっていて、ものものしい雰囲気だ。


そうこうしているうちに、ついに雨が降ってきた。
西の空が真っ黒い雲で覆われどしゃ降りとなってしまい、となりに止まっていた埼玉県警機動隊のバスで雨宿りさせてもらい出番を待つ。
9時頃になっていよいよわれわれの出番。待機場所を出て、雨が降る中会場の大原中学校へ向かう。

災害ボランティアバイク隊の「演目」は、2人一組で倒壊家屋(のセット)の中などに人が取り残されたりしていないかバイクを降りて目視&声かけ確認(の演技)をして、その建物に「確認済み」のシールを貼った後、「合同指揮本部」前に集合し代表者が被災状況を報告後、医薬品を受け取ってそれを搬送するために会場を出て行くという内容で、時間にして5分ほどでおしまいの簡単なもの。

会場はこんな感じ↓



出番終了後はそのまままた待機場所に移動し、そこにバイクを置いて人間だけ主催者が用意したバスでまたまた会場に移動。閉会式(11:30頃~)に列席後またまたバスでバイクを置いてあるフラワーパークまで運んでもらって訓練終了。

その後、災害ボランティアバイク隊の参加者だけ集まって近くのレストランで昼食後に解散。皆さん雨の中お疲れさまでした!!



↑閉会式の様子。上田埼玉県知事が挨拶中。

(バイク隊の訓練風景はこちらにアップされています)

―――というわけで午後1時の開店時間に少し遅れてTWKに帰還。ニュースで八都県市合同防災訓練の事が何度も取り扱われる度に、このイベントに参加したことがなんだか誇りに思えるような、ちょっといい気分に浸ることができました。

あと、ヘリ好きな私としては、待機場所で待機中に会場の上空を何機ものヘリコプターが低空飛行しているのが遠目に見え、間近で見られず残念だなぁと思っていたら、閉会式の前に会場で待機している時に4機のヘリが次々と目の前の校舎屋上(?)めがけて放水(散水?)するのを運良く撮影することができて、大満足の一日でもありました。



↑JA31TM 埼玉県防災航空隊の新鋭機「あらかわ1」(通称「タマちゃん」)の“放 尿 水”シーン
この他に、同じく埼玉県防災航空隊「あらかわ2」、群馬県防災ヘリ「はるな」、栃木県消防防災ヘリ「おおるり」の放尿‥‥‥いや、放水(←くどい)シーンをバッチリ撮ることができたので、近日中に「花鳥風翼BLOG」の方にアップしようっと!(←完全に自己満足

―――と、これで一日が無事に終わると思ったら大きな間違いで、夜の10時頃TWKで仕事していると、外で「キ―――ドゴォッ!!!!!」という大きな音が。

「また事故だ」とすぐわかったので仕事の手を止めて外に出ると、やはりTWK横の交差点で車同士がぶつかって止まっている。この場所での事故はこれでもう何回目になるのだろうか!?

あの音からして、かなりの衝撃があったと思われるのでまずはけが人がいないか確認し、いた場合は適切な応急処置をとらなければ―――ボランティアの講習で習ったことを今こそ実行しなければと思い、現場に駆けつけ確認すると幸い全員たいしたケガはないようでひと安心。

だが、2台の車がくい込んで交差点を半分ほどふさいでしまっているので、片側通行しかできない状態だ。このままでは夜でも交通量が多いこの県道は収拾がつかない状態になってしまうと思われたので、警察が来るまでの間“交通整理”を担当することにした。

信号が青になる度に交互に通行させるように指示するのだが、かなり広い交差点を何度も走り回って行き交う車に指示をしなければならないのでけっこう大変な仕事だ。

近所の住民が大勢“やじ馬”になって周りを取り巻き始めるが、みんな見てるだけだしパトカーもなかなか来ない。
結局警察が到着したのは事故発生から15分以上は経過していた頃だったと思う。その間ずっと一人で交通整理して、大汗をかいてしまった私‥‥‥。



↑警察が到着後、一枚だけ撮影。
事故現場をカシャカシャ撮りまくるの、趣味じゃないんだよね。

~今日の一言~

ボランティア、それは無償の愛―――なんつって

それにしても、今日は「ボランティア三昧」な一日でした。
そしてこの記事もものすごい長編になってしまって‥‥‥これも無償の行為ということで、ある意味「ボランティア」かも???
PR
▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL:
忍者ブログ ∥ [PR]