忍者ブログ
 ≫ ブログ内検索
 ≫ 制作者プロフィール
HN:
Man-B
年齢:
62
HP:
性別:
男性
誕生日:
1956/03/24
職業:
「トライアルワークス小坂」店主
趣味:
散歩、盗撮(!?)
自己紹介:
18歳からトライアルを始め、いったんは国際A級に昇格するもクラス分け再編のため、新設された国際B級に降格。
以後A級再昇格を目指し奮闘するが、いつもあと一歩で昇格を逃し『万年B級』の称号(?)を授かる。

42歳からモトクロスにチャレンジを開始しすぐに国内A級に昇格、国際B級を目指すものの二度の大腿骨骨折など身体ボロボロになり「このまま続けるとヤバい」と実感し2005年にMXライダーは引退。

現在は世界選手権トライアルや全日本トライアルでセクション設営(土方)及びオフィシャルを務め、モータースポーツの発展に尽力中である。

また、新潟県中越地震の際に「災害ボランティアバイクネットワーク埼玉」バイク隊副隊長として震災後の新潟県小千谷市に出動、現地で実際にボランティア活動を行なってきたりもしている。

1984年に開業した「トライアルワークス小坂」のCEO兼溶接工兼修理工兼ウェブマスター兼‥‥‥要するに雑用係だったりもする。さえない独身中年と思われがちだが、実はもう社会人の娘が二人いたりして、さらには“孫”なんかもいちゃったりして‥‥‥。
(↑自己紹介、長すぎ!!)

-このBLOG以外にも以下の読み物を書いています-

≫Man-B's History

≫Man-Bの入院日記

≫Man-Bのツートラ初体験記

≫歴代トランスポーター


≫続・歴代トランスポーター


≫未承諾写真館

≫ニーブレース講座

‥‥‥etc.


40歳の時のライディングはこちら↓



モトクロスは国内A級で優勝する腕前↓



動画はこちら≫TWK動画館


災害ボランティアバイクネットワーク関東

災害ボランティアバイクネットワーク関東・埼玉支部バイク隊副隊長を務めています。

≫加須市合同防災訓練参加レポート

≫新潟中越地震・ボランティア活動報告

≫新潟中越・あれから一年
2018/05∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

きょうは整形外科の予約を取ってあった日。
まずMRIを撮って、その後膝専門の先生に診てもらった。

前回レントゲンを撮っただけでもひどい状態なのがわかっていたので、MRI画像でその酷さがはっきりとわかるというわけだ。

まず、約20年前に断裂した前十字靭帯の現在の状態だが‥‥‥


「全くその痕跡すらありません」

まあそんなもんだろうと思っていたので、それほどショックではなかった。

「で‥‥‥後十字靭帯も怪しいですね」

この先生の言葉にはちょっと驚いた。

「まぁ切れてはいないようですが、だいぶ傷んでますね」

思い当たる節はある。
全日本真壁の雨の中での設営中に急斜面で足が滑り、左膝に激痛が走ったことがあったのだが、その時に伸ばしてしまったのかもしれない。

なにしろ前十字靭帯が存在しない不安定な私の膝関節だ。強い外力が加わると残っている後十字靭帯が伸ばされてしまう可能性は十分にあるだろう。

「そして半月板なんですが、外側はもう完全になくなっていて、軟骨もすり減ってしまっていますね」


‥‥‥私の希望としては、内視鏡手術で傷んでいる半月板を一部切り取って形を整え、少しでも良い状態にできれば―――と思っていたのだが、もうそんな状態ではないようだ。

「手術するとしたら人工関節にするしかないのですが、人工関節の寿命もあるので、70歳以上でないとおすすめしません」

要するに活動量が多い人が人工関節にすると、人工関節がすり減って再手術しなければならなくなるし、人工関節にすると膝の可動域も狭くなってしまうらしいのだ。
じゃあ一体どうすればいいのだ、この私の左膝???

「中の状態はひどいですが、その割には膝がしっかりしていますね」

「今は、大腿四頭筋とかの筋力で膝関節をしっかり支えてる状態だと思います」

「とりあえず軟骨の状態がこれ以上悪くならないように関節内にヒアルロン酸を注射して、あとはリハビリをしっかりと行なって様子を見て行きましょう」

‥‥‥というわけで注射をして、リハビリの予約をして本日の診断は終了。


私としては、すぐにでも内視鏡手術を受ける覚悟でいたので少し拍子抜けというか‥‥‥劇的に快方に向かう手段が何もないという現実に、かなり落ち込んだ。


まあ悪いのは20年前に靭帯を切っておきながらそのまま放置した私だが、当時は靭帯再建手術は膝を全部切り開いて行なう大変なもので、数カ月の入院とその後半年ほどのリハビリが必要だったので、とてもそれを受けられる状況ではなかったのだ。

その後新しい手術方法が普及し、現在では靭帯再建手術も短い入院期間で済むようになっているのだが‥‥‥。

ちなみに私の希望としては、ゆくゆくはなくなってしまった前十字靭帯の再建手術も受けたいという気持ちもあったのだが、それよりも人工関節が先ということで、もうこの先ずっと「前十字靭帯レス」状態のまま生きていくことが確定。もう何だかお先真っ暗だ。

まあこれも切れた靭帯をそのままにしていた私が悪いのだけれども、今回ここまで状態が悪化したのは1月から4月末まで続いた過酷な設営作業のせいだと感じている。
そしてその中でも、「3月の開催は無理だからほかの時期に開催日をずらしてくれ」と、もう何年も訴え続けていたのに今年も3月開催になってしまった全日本関東大会、これのせいだと思わずにはいられない。

全日本の設営なんて日当5千円で朝早くから暗くなるまで目一杯作業しても一週間じゃ終わらないほどやることが多くなってしまって、そこへ持ってきて今年はレディースクラス併催と来たもんだ。
一番大変な思いをしている現場の意見なんて全く聞かずににお偉いさんが勝手に決めて、しかも後で知ったんだけどレディースクラスはエントリー費半額って‥‥‥何考えてんだよまったく!!
そんな女性に良く思われようなんて考えてないで、だったらオブザーバーの競技役員ライセンス料を半額にしろってんだ!!

設営要員だけでなくオブザーバーも含め、全日本の現場がどれほど疲弊しているかお偉いさんは全然わかってないようだ。

長い間この私も、自分の商売を犠牲にしてMFJのために尽くしてきたつもりだけど、もう完全にいやになりました。





というわけで、私は膝の治療に専念するためMFJ関係の仕事は今後一切やりませんのでよろしく!!


PR
忍者ブログ ∥ [PR]