忍者ブログ
 ≫ ブログ内検索
 ≫ 制作者プロフィール
HN:
Man-B
年齢:
62
HP:
性別:
男性
誕生日:
1956/03/24
職業:
「トライアルワークス小坂」店主
趣味:
散歩、盗撮(!?)
自己紹介:
18歳からトライアルを始め、いったんは国際A級に昇格するもクラス分け再編のため、新設された国際B級に降格。
以後A級再昇格を目指し奮闘するが、いつもあと一歩で昇格を逃し『万年B級』の称号(?)を授かる。

42歳からモトクロスにチャレンジを開始しすぐに国内A級に昇格、国際B級を目指すものの二度の大腿骨骨折など身体ボロボロになり「このまま続けるとヤバい」と実感し2005年にMXライダーは引退。

現在は世界選手権トライアルや全日本トライアルでセクション設営(土方)及びオフィシャルを務め、モータースポーツの発展に尽力中である。

また、新潟県中越地震の際に「災害ボランティアバイクネットワーク埼玉」バイク隊副隊長として震災後の新潟県小千谷市に出動、現地で実際にボランティア活動を行なってきたりもしている。

1984年に開業した「トライアルワークス小坂」のCEO兼溶接工兼修理工兼ウェブマスター兼‥‥‥要するに雑用係だったりもする。さえない独身中年と思われがちだが、実はもう社会人の娘が二人いたりして、さらには“孫”なんかもいちゃったりして‥‥‥。
(↑自己紹介、長すぎ!!)

-このBLOG以外にも以下の読み物を書いています-

≫Man-B's History

≫Man-Bの入院日記

≫Man-Bのツートラ初体験記

≫歴代トランスポーター


≫続・歴代トランスポーター


≫未承諾写真館

≫ニーブレース講座

‥‥‥etc.


40歳の時のライディングはこちら↓



モトクロスは国内A級で優勝する腕前↓



動画はこちら≫TWK動画館


災害ボランティアバイクネットワーク関東

災害ボランティアバイクネットワーク関東・埼玉支部バイク隊副隊長を務めています。

≫加須市合同防災訓練参加レポート

≫新潟中越地震・ボランティア活動報告

≫新潟中越・あれから一年
2018/05∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前頻繁にお世話になっていた整形外科へひさしぶりに行ってきた。



この病院へ最後に行ったのはたしか2005年、モトクロスをやめるきっかけとなった大ケガをした時だったから、なんと11年ぶりということになる。





あの時は鎖骨が折れたのでここへ診てもらいに行ったのだけど、じつは肋骨も5本折れていて、なんと!片肺がつぶれてしまっていて、呼吸器科のある別の病院に緊急入院する羽目になったのだった。

この時、もし首にその衝撃を受けていたら―――と考えると恐ろしくなって、しばらく悩んだ挙句きっぱりとモトクロスから足を洗い、それ以降ここのお世話になるようなケガはせずに今日まで生きてきたのだけれど、今年の全日本関東大会の過酷な設営作業で、やはり昔モトクロスで傷めていた左膝の古傷が一気に悪化してしまい、その後の世界選手権トライアルの設営作業が終わって2週間以上経過しても膝の痛みが全く消えないので、11年ぶりにこの病院で診てもらったという訳だ。

この左膝は約20年前にこれもやはりモトクロスで前十字靭帯を損傷してそのままの状態だったところへ、セクション設営作業で重たい道具類をかついで足場の悪い急斜面を登ったり降りたり、さらには急斜面で無理な体勢での作業を繰り返したりと負担をかけまくってしまったので、おそらく半月板はもうズタボロの状態であろうということは自分でも思っているのだが、この半月板の状態というのは普通のレントゲンではわからない。

そこでMRIの出番になるのだが、MRIは予約しなければならないので今日のところはそのMRIの予約だけのつもりで診察を受けた。

膝専門の先生は予約がいっぱいなのできょうのところは初診担当の先生に診てもらい、とりあえず普通のレントゲンを撮ってもらったのだが、先生はその画像を見るなり「あ~、これはかなりひどい膝関節変形症になってますね」と一言。


半月板を損傷したまま膝に負担をかけ続けていると膝関節変形症になる―――これは私もある程度予想していた。

だが、この次の先生の言葉は、私には全く予想外の言葉だった。

「治療方法として、人工関節も選択肢の一つです。ただ、その場合激しい運動はできなくなりますが‥‥‥」

自分としては、内視鏡手術で半月板の傷んだところを切除すれば良くなるのではないか―――と思っていたが、人工関節と来たか‥‥‥。




まぁ、この先生は膝が専門ではないので、次回から膝専門の先生に診てもらって、そちらにお任せするしかないだろう。

というわけで、その膝の先生の予約が取れたのは約一か月後の6月初旬。



その時に、いったいどのような診断結果がでるのやら‥‥‥!?!?



PR
忍者ブログ ∥ [PR]