忍者ブログ
 ≫ ブログ内検索
 ≫ 制作者プロフィール
HN:
Man-B
年齢:
61
HP:
性別:
男性
誕生日:
1956/03/24
職業:
「トライアルワークス小坂」店主
趣味:
散歩、盗撮(!?)
自己紹介:
18歳からトライアルを始め、いったんは国際A級に昇格するもクラス分け再編のため、新設された国際B級に降格。
以後A級再昇格を目指し奮闘するが、いつもあと一歩で昇格を逃し『万年B級』の称号(?)を授かる。

42歳からモトクロスにチャレンジを開始しすぐに国内A級に昇格、国際B級を目指すものの二度の大腿骨骨折など身体ボロボロになり「このまま続けるとヤバい」と実感し2005年にMXライダーは引退。

現在は世界選手権トライアルや全日本トライアルでセクション設営(土方)及びオフィシャルを務め、モータースポーツの発展に尽力中である。

また、新潟県中越地震の際に「災害ボランティアバイクネットワーク埼玉」バイク隊副隊長として震災後の新潟県小千谷市に出動、現地で実際にボランティア活動を行なってきたりもしている。

1984年に開業した「トライアルワークス小坂」のCEO兼溶接工兼修理工兼ウェブマスター兼‥‥‥要するに雑用係だったりもする。さえない独身中年と思われがちだが、実はもう社会人の娘が二人いたりして、さらには“孫”なんかもいちゃったりして‥‥‥。
(↑自己紹介、長すぎ!!)

-このBLOG以外にも以下の読み物を書いています-

≫Man-B's History

≫Man-Bの入院日記

≫Man-Bのツートラ初体験記

≫歴代トランスポーター


≫続・歴代トランスポーター


≫未承諾写真館

≫ニーブレース講座

‥‥‥etc.


40歳の時のライディングはこちら↓



モトクロスは国内A級で優勝する腕前↓



動画はこちら≫TWK動画館


災害ボランティアバイクネットワーク関東

災害ボランティアバイクネットワーク関東・埼玉支部バイク隊副隊長を務めています。

≫加須市合同防災訓練参加レポート

≫新潟中越地震・ボランティア活動報告

≫新潟中越・あれから一年
2017/09∥123456789101112131415161718192021222324252627282930
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日(6月23日)、親戚の結婚式に招待されていたので、店を閉めて式場の「東京ネズミーリゾート(笑)」内のホテルへ夫婦で行って来た。

慣れない礼装服を着て、クルマで新三郷駅近くのコインパーキングまで行って電車に乗ることにしたのだが―――

もう何年間も下駄箱の中で眠っていた黒の革靴(安物)の軽量ソールがまるで何年も放置していた古いバイクのエアクリーナーエレメントのように劣化してボロボロに崩れ、超あせってしまうという最悪の出だし(+_+)。



↑最初この状態が目に入った時「なんじゃこりゃぁぁぁ(@_@;)」って感じで、クルマのダッシュボードが壊れちゃったのか‥‥‥とか思ったりもしたが、靴のかかとがボロボロになって取れちゃったのでした(+_+)。

けっきょく靴を履き替えに戻っている時間的余裕はなかったので、底がボロボロと崩れ落ち続ける靴のまま、冷や汗をかきながら電車に乗って舞浜駅まで行き、そこから式場のホテル行きのシャトルバス(すげーふざけた格好のネズミ王国専用バス)に乗り、その車内のイスに座って取れかけの靴底の破片を全部キレイに取り除き、とりあえず外からチラッと見る分には不自然じゃなくすことに成功(ちょっと地下足袋感覚で「逆シークレットシューズ(笑)」だが)。

そんなわけで個人的にはちょっとしたドタバタ劇がありましたが結婚式と披露宴は無事終了。とてもいい式で、幸せを分けてもらった気分になりました。

そして帰り道、またあのふざけた格好のネズミーシャトルバス(笑)に乗り込んでイスに座るとき、上にあった荷物棚のパイプに頭を思いっきりぶつけてしまったり、舞浜駅の自動改札を通り抜ける時には次に通ろうとした人が遮断扉を作動させてしまい、私の体のうしろに持っていた引き出物の大きな紙袋が挟まれてしまったりと、朝からまったくツイてないこの日の私(>_<)。

学校の先生である新郎のこの日の最後の挨拶「家に帰り着くまでが『披露宴』です(笑)。皆様、どうぞお気をつけてお帰りください」という迷ゼリフ(?)が何度も頭をよぎったのでありました。



↑これがその「ネズミーリゾートクルーザー」。
妻いわく「今どきこんなに排気ガスが臭いバス、他じゃ走ってないよね!?」
‥‥‥ネズミの王国内は排ガス規制がゆるいのか???



↑そしてこれが問題の「逆シークレットシューズ」。
コインパーキングの砂利が食い込んでます(^^ゞ。

今日の一句 「気をつけよう 荷物棚と 靴の底」

~おまけ~

今回の結婚式では、トライアル関係のメディアの方がカメラマンとして来ていてビックリ!!一瞬「なんでオレがここに来るのわかったんだ!?!?」と思っちゃいそうになったけど、メディアに追いかけられるほどの有名人なはずもなく、まったくの「偶然」でした(^^ゞ。

その方が撮ってすぐに編集したビデオが式の最後に「エンドロール」風に流されて、最高の「締め」となっていました。さすが、いい仕事してます。



↑その方が撮ってくれた当日の写真。

もうすっかり「老夫婦」って風情だけど‥‥‥孫が二人いるんだから当然か。
PR
忍者ブログ ∥ [PR]