忍者ブログ
 ≫ ブログ内検索
 ≫ 制作者プロフィール
HN:
Man-B
年齢:
64
HP:
性別:
男性
誕生日:
1956/03/24
職業:
「トライアルワークス小坂」店主
趣味:
散歩、盗撮(!?)
自己紹介:
18歳からトライアルを始め、いったんは国際A級に昇格するもクラス分け再編のため、新設された国際B級に降格。
以後A級再昇格を目指し奮闘するが、いつもあと一歩で昇格を逃し『万年B級』の称号(?)を授かる。

42歳からモトクロスにチャレンジを開始しすぐに国内A級に昇格、国際B級を目指すものの二度の大腿骨骨折など身体ボロボロになり「このまま続けるとヤバい」と実感し2005年にMXライダーは引退。

現在は世界選手権トライアルや全日本トライアルでセクション設営(土方)及びオフィシャルを務め、モータースポーツの発展に尽力中である。

また、新潟県中越地震の際に「災害ボランティアバイクネットワーク埼玉」バイク隊副隊長として震災後の新潟県小千谷市に出動、現地で実際にボランティア活動を行なってきたりもしている。

1984年に開業した「トライアルワークス小坂」のCEO兼溶接工兼修理工兼ウェブマスター兼‥‥‥要するに雑用係だったりもする。さえない独身中年と思われがちだが、実はもう社会人の娘が二人いたりして、さらには“孫”なんかもいちゃったりして‥‥‥。
(↑自己紹介、長すぎ!!)

-このBLOG以外にも以下の読み物を書いています-

≫Man-B's History

≫Man-Bの入院日記

≫Man-Bのツートラ初体験記

≫歴代トランスポーター


≫続・歴代トランスポーター


≫未承諾写真館

≫ニーブレース講座

‥‥‥etc.


40歳の時のライディングはこちら↓



モトクロスは国内A級で優勝する腕前↓



動画はこちら≫TWK動画館


災害ボランティアバイクネットワーク関東

災害ボランティアバイクネットワーク関東・埼玉支部バイク隊副隊長を務めています。

≫加須市合同防災訓練参加レポート

≫新潟中越地震・ボランティア活動報告

≫新潟中越・あれから一年
現在このブログはトライアルワークス小坂の商品インプレッションのためだけに存在しております。 リンクされたページ以外の過去の記事を読まれることは想定しておりません。ご了承ください。
2020/07∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ Tweets
 ≫ QRコード(携帯版URL)
URLは同じでも携帯からアクセスすると自動的にモバイル版に接続されます。
 ≫ RSS
今から7年前の2013年、当時のモータースポーツ課課長に私から企画を持ち込み、ツインリンクもてぎでの初開催にこぎつけた関東トライアル選手権大会でしたが、初年度の開催はまさしくゼロからのスタートとなり、クリアしなければならない問題が山積みでした。

まずは、すでに「どビギナートライアル大会」をツインリンクもてぎ内で定期的に開催されていた萩原信一様とそのクラブの皆さんへ、当時のモータースポーツ課担当者様と共に協賛品を持参してのご挨拶回りに始まり、会場内で使用できそうな場所の選定作業――― これはセクションコーディネーターを引き受けてくれた成田匠様の協力なしには成り立ちませんでした。

さらには大会当日のオブザーバーの確保。これも私の僅かしかない人脈だけでは到底必要な人数を集めることができず、いろいろな方々のご協力のおかげで何とか確保することができ、いよいよ大会当日を迎えることができたのですが‥‥‥

成り行き上「競技監督」に就くことになった私の経験不足ということもあり、いざ大会が始まってみるとドタバタの連続。
それでもツインリンクもてぎ側の豊富な経験に基づく大会運営力やスタッフの皆さんの力のおかげで、とりあえず記念すべき第一回目の関東選手権はなんとか無事に終了することができたのでした。

最初にこの企画を持ち込んだ時、本当に開催できるのかどうか不安を拭えない様子だった当時のモータースポーツ課課長に「大丈夫です。何とかなりますからとりあえずスケジュールを入れちゃってください」と背中を押して初開催が決定したこのツインリンクもてぎでの関東選手権トライアル大会。「何とかなります」と大見得を切ったものの、本当に私が競技監督で大会を回すことができるのか自分でも不安だったのですが、周りの方々の温かいご協力のおかげで、ドタバタしながらも無事成功裏のうちに大会を終えることができ、一番ほっとしたのは「言い出しっぺ」であるこの私だったのではないかと思っています。

その後は毎年2月に開催し続けたツインリンクもてぎでの関東トライアル選手権ですが、ツインリンクもてぎの充実した設備と高い運営能力のおかげもあって参加者の評判は上々で、毎年関東選手権シリーズ中最大のエントリー数を記録する大会としての実績を積み上げてきました。

そして8回目の開催となる2020年大会は、新型コロナウイルスの感染拡大により直前になって中止の可能性が高まる中、モビリティランド・ツインリンクもてぎは感染防止対策を充分に施した上での開催を決定。
事前エントリー台数123名のうち110名の参加者の方々が集まり、会場であるツインリンクもてぎ・北ショートコース裏山に用意されたセクションとコースを思う存分走り回ってくださいました。

その、参加した皆さんが楽しそうにもてぎの山を走り回る様子を見た私は、果たしてこんな状況の中で競技監督として大会を開催していいのだろうか、という当初の不安もどこかへ吹っ飛び、今大会を決行して本当に良かったと心の底から思えたのでした(と言っても「名ばかり競技監督」の私にはその決定権はありませんでしたが)。

そして、7年前は多くの場面で私が動く必要があったこの大会も、今回はオブザーバーの手配もすべてツインリンクもてぎ事務局の方で完結し、セクションやコースの開拓・設営においても数年前からセクションコーディネーターとして新たに加わってくれた成田亮様、そしてツインリンクもてぎモータースポーツ課の若手社員の皆さんの素晴らしい働きによって、過去最高と思える内容の大会を無事終了することができ、これでもう私の役目は終わった――― と実感することができました。

もう来年からは私が居なくても、これまで以上に素晴らしいツインリンクもてぎでの関東選手権トライアル大会を開催できることを確信し、今年限りで競技監督という立場から退かせていただくつもりでおります。

あのドタバタの連続だった第1回大会から7年の年月を経て、今や押しも押されもしない最高の関東選手権に成長したこの大会。その開催にずっと携わってきた私も来年でもう65歳、普通の会社勤めなら定年退職を迎える年齢となりますが、この関東選手権と共に歩んだ7年の間に、ほんの少しは成長できたのではないかと思っております。

最後に、この大会の開催にご協力いただいた全ての方々に厚く御礼申し上げます。


ありがとうございました。


2020年3月2日 トライアルワークス小坂 代表 小坂政弘







PR
忍者ブログ ∥ [PR]